祖父の遺品整理

困った時は遺品整理

他界した祖父の遺品整理。おじいちゃん子だったわたしは、区切りとして、自分がすることを両親に申し出ました。

祖父の遺品整理

遺品整理に関して調べています。

わたしの祖父が他界しました。

96歳だったので大往生なのですが、いろいろとコレクターな所もあり、大好きな骨董品なども売らずに残っていたんですね。

また、当然、祖父が使っていた物などもいろいろとあり、父と母からすると、なかなかそれらを「処分する」という形には抵抗があったわけです。

当然、わたしも抵抗がありました。

特におじいちゃん子だったので、今回のことはとても悲しい気持ちと、ほんと元気に長生きしてくれたよね、という気持ち、これまでありがとうという気持ちが交錯していたのですが、やはりどこかで区切りを付けないといけません。

遺品整理は、一つの区切りである、とわたしの中で定義づけたんですね。

いつまでも祖父が使っていた物を残しておく、というのもなんだかアレですし、祖父も望んではいないのではないか、と父と母に話をして、わたし自身が遺品整理をすることを申し出ました。

父も母も最初は驚きましたし、父が自分でやるから、とも言ってくれたのですが、なんとなく、おじいちゃんへのお礼もこめて、わたしがしたい、と言ったんです。

遺品整理は形見分けなどもありますし、いろいろと専門家の知識も頼った方が良いな、とその時から思っていました。

遺品整理〜はじめての方に〜http://www.mlmtoolzone.com/

Copyright (C) www.shallowgroundmovie.com. All Rights Reserved.

困った時は遺品整理